30代が使うべき化粧下地おすすめランキング

ノエビアのサナ 毛穴パテ職人

今まで違う会社の下地を使っていたのですが、こちらの「ノエビアのサナ 毛穴パテ職人」も伸びが良く使いやすかったです。
あとから違う会社のパウダーファンデーションをのせるんですが、違和感がなく、自然な仕上がりになりました。
わたしはかなりの敏感肌でアレルギー肌なので、下地には特に気を遣って無駄に高価なものばかりを集中的に購入していたのですが、今のこの「ノエビアのサナ 毛穴パテ職人」は、肌のトラブルが起きやすい私でも使える上、かなりの低価格なので経済的にも本当に助かりました。
以前使用していたのと比べると、つけた直後は少しべたつく感じがありますが、薄めに塗ってからパウダーファンデーションをつければそのべたつきの問題も解決します。
べたつきを気にして薄く塗るので、下地だけだと、濃いシミ・しわがある人はいまいち隠れにくくなるのが欠点ではあると思います。
また、これよりも安い値段で、質もそこまで差がなく、肌のトラブルが起きていない商品を見つけたので、そちらと交互に使用中です。
同じような値段で、質も変わらないのに、量がそっちの方がかなり多いので、そこも悩みどころですね。
どちらも冬場しか使っていないので、これからの季節に汗をかいて、化粧崩れの起きにくい方をこの先購入する予定ではあります。

モイストラボ BBエッセンスクリーム

現在、同時に使っている商品が明色化粧品の「モイストラボ BBエッセンスクリーム」なのですが、「ノエビアのサナ 毛穴パテ職人」より更に低価格で、濃いめのクリームなので薄めに塗っても、下地だけで充分シミ・しわが隠れます。
ただ、「ノエビアのサナ 毛穴パテ職人」よりべたつきが気になりますね。
同じようにパウダーファンデーションを軽くのせるだけで、べたつきなどの違和感も無くなります。
現在使用して3か月ですが、かなりの敏感肌でアレルギー肌の私でも、今のところ肌のトラブルがなく使用できています。
「ノエビアのサナ 毛穴パテ職人」・・・べたつきがまだ少なめですが、薄めに塗るとシミしわが隠れにくい・低価格だが更に安く使用できる商品と対象してしまうところが難点です。
明色化粧品の「モイストラボ BBエッセンスクリーム」・・・薄く塗ってもべたつき感が強いが、シミしわが隠れやすい。さらに低価格で容量もこちらのが多い。
両方を見比べると、両方とも敏感肌・アレルギー肌でも使えますが、明色化粧品の「モイストラボ BBエッセンスクリーム」の方がお得に思えます。
しかし、やはり大切なのは化粧崩れの問題ですので、この夏にどれだけ耐えられるかで比較できるかと思います。

カネボウ コフレドール

伸びがいいです。スーッと伸びて、肌になじむので毛穴が目立たなくなりました。手で伸ばしたら、サラサラしていて肌なじみがいいです。ドラックストアや、化粧品専門店などどこにでも売っているから手軽に買えるのも魅力的です。値段も、そんなに高くないから、ケチらずにたっぷり使えるのが嬉しいです。真夏は使ったことがないからわかりませんが、秋から春にかけては汗を少々かいても崩れることがなかったです。あと、冬場にも紫外線対策をしている私にとってはSPFが高いのが魅力的です。冬場なので日焼け止めクリームをがっつり塗るのは嫌だけど、紫外線は避けたかったのでこちらで日焼け止めクリームを兼ねて濡れるのは助かります。朝は何かと忙しいので、化粧をする時間の短縮にもなりますし。あとは、長時間つかっていても、化粧持ちがよかったです。ほかのメーカーさんだとお昼くらいに油が浮いてきて、化粧直しは絶対にしなければいけなかったのが、こちらの商品はめちゃくちゃ汗をかかなけれれば化粧直しをする必要がなくてよかったです。私にとってはこの化粧下地は買ってよかったと思います。お財布にも優しいしなくなったらリピート購入したい商品になったと思います。

 

花王のプリマヴィスタと、資生堂のマキアージュを使っていましたが、全然違います。上に書いた内容と被るかぶりますが、化粧持ちがいいです。プリマヴィスタとマキアージュはつけても毛穴が目立ちました。でもコフレドールは同じ量、もしくは少なめにつけても毛穴が目立たなくて、ファンデーションも薄めでも全然大丈夫でした。厚塗りしなくていいです。あとは、化粧の持ちがよくて、崩れることが少ないです。プリマヴィスタとマキアージュはお昼前には崩れてきて昼食後は絶対お化粧直しタイムが必要でしたがこちらは化粧を直さなくても大丈夫でした。化粧直しをしなくて済むのはコスパもいいと思います。あとは、マキアージュの化粧下地はつけると肌がなんだかくすんで見えてしまうように思いましたが、コフレドールは下地の色が明るいので肌が白く、明るく見えるように感じました。値段ではセザンヌのほうが安いですが、セザンヌは塗るとよれて、ファンデーションのノリも悪くなって分厚く塗らないといけなかったのですが、コフレドールはよれることもなくて、ファンデーションも薄めで塗ることができます。また、セザンヌはテカリも出てきますが、コフレドールはてかりはなかったです。

2位 ポール&ジョー ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー

言わずと知れたポール&ジョーですが、このプライマーで一番お気に入りなのはカラーです。ラベンダー!
見た目と色の可愛さがお気に入りの一番の理由です。一位は断トツでドラマティックパウダリーでしたので二位に。
それが無ければ一位でもよかったと思います。下地・ベース部門があればきっと不動の一位ですね。
私は色白な方で、どちらかというと赤みが気になるタイプだったのでコントロールにはいつも緑系を利用していました。
その上にファンデーションで肌を作っていくような化粧だったんですが、これは下地の時点で違う肌になるような気がします。
毛穴や赤みを隠してファンデーションの準備をするようなイメージから、ラトゥー エクラの肌になる、という感じです。
肌に吸着してくるような使用感も相まって、肌を変える感覚が癖になります。馴染みの良さもあると思います。
ラトゥー エクラの上にならどんな顔でも作っていけると思いますが、涙袋作ってピンクぽい顔にする時に特にしっくり来ますよ。